電子コミック比較

電子コミックサービスを徹底比較!

電子コミック比較

電子コミックサイトを徹底比較してご紹介!

【ネタバレあり】漫画『薬屋のひとりごと』全巻の見どころと無料試し読み

   

2021年1月時点シリーズ累計発行部数は1200万部! ラノベ作家の登竜門・小説投稿サイト「小説家になろう」で、話題沸騰のラノベ作家・日向夏先生の代表作『薬屋のひとりごと』。

色の華やかな後宮で働く事になった、薬師の猫猫。
でもそこは華やかさとは裏腹な、陰謀術数と策略陰謀の渦巻く伏魔殿。

そんな欲望と策略の渦巻く中で、持ち前の聡明さと薬学の知識と好奇心で事件とお悩み解決していく猫猫の物語を紹介していきます!

なお、DMM電子書籍では初めてお買い物する方限定で貰える全作品対象の50%OFFクーポンが貰えます。
このクーポンは最大100冊まで50%割引が適用される特典があるので、『薬屋のひとりごと』の全巻が半額で購入できます。

DMM電子書籍の50%OFFクーポンの使い方や取得についてはこちら

薬屋のひとりごと 1巻のあらすじと見どころ

1巻のあらすじ

露天の串焼きを思い浮かべながら、外の世界に想いを馳せていた猫猫。

三か月前まではかつては気苦労を知らない自由な薬屋だった筈が、後宮の下女へとなってしまったと、不自由を強いられてしまいます。

秀でた才覚を見せればすぐに叩かれてしまう後宮の生活で目立たぬようにと勤め上げを目的に働いていたのですが、厄介事は知らぬうちに訪れてしまうもの。

後宮ではお世継ぎの変死事件が起き、良からぬ噂が立ち込めていき、ついには上級妃である梨花妃は玉葉妃が自分の子を殺そうとしていると激高してしまいます。

しかしそんな彼女を見て、ある確信を得た猫猫。

解決できる策をしたためた身元不明の手紙を送るも、これが猫猫の人生を大きく変えてしまいます…。

1巻のみどころ

日向夏先生原作のライトノベル小説を、漫画家・ねこクラゲ先生がコミカライズした「薬屋のひとりごと」は、ここではないどこかの世界の物語として描かれ、ラブコメ要素とミステリアスなファンタジー要素を込めた、時代小説みたく描かれていく、実に内容の深い作品となっています。

「小説家になろう」で連載が始まったラノベ作品であるも、異世界転生では無い、薬好きの毒物好きな風変わりなヒロイン・猫猫を中心に綴られていく、後宮での権謀術数や策略謀略が混沌とする中で、辟易としながらも事件を解決する為に奔走し、難解な謎を解く推理モノの要素や、時代物小説の奥ゆかしさや、少し甘い雰囲気のあるラブコメな展開と、実に見どころの多い作品となっており、読者を飽きさせない展開が詰まっています。

中華風のラブロマンスとサスペンスミステリーを楽しみたい人に、是非にお勧めしたい、そんな作品です。

薬屋のひとりごと 1巻を無料試し読み

薬屋のひとりごと 2巻のあらすじと見どころ

2巻のあらすじ

猫猫の事を気に入った上級妃・玉葉妃によって、彼女の傍仕えの侍女として選ばれてしまいます。

個室に給金と好待遇であるも、玉葉妃の毒見係と、侍女仲間からは気遣われてしまい、また美貌の宦官である壬氏に気に入られてしまいと、彼女の後宮生活は賑やかになってしまいます。

そんな彼女に帝から我が子を失い体調を崩してしまっていた梨花妃を救ってほしいと命じられますが、梨花妃の侍女には歓迎されませんでした。

敵愾心丸出しな嫌味な応対に、事あるごとにわざとらしい嫌がらせを受け、梨花妃の体調不良を調べられない猫猫。

でも壬氏の助成で梨花妃を調べてみると、やせ細った身体に鉛入りの白粉が塗られていたのです。

我が子の命を奪った毒の白粉を塗りたぐり、綺麗になるからと悪びれない侍女に、静かに怒る猫猫。

痛烈な平手をお見舞いします。

2巻の見どころ

後宮の侍女になってしまった猫猫。

そんな彼女に帝からの勅命で、謎の病に倒れる梨花妃の容態を調べて治してほしいと、命懸けの命令を熟さなければいけない彼女の受難から始まる今回。

女の園ゆえの恐ろしさとはよく言ったもので、帝の命令とは言え、玉葉妃の侍女である猫猫は格好の的となってしまうと、普通ならへこんでしまうようなことをされてしまうも、花街での女の諍いを知る猫猫は、あっさりと流してしまうと、彼女のメンタルの強さがにじみ出ています。

そんな中で、梨花妃が衰弱していた事実を知り、当然に怒る猫猫と、キレた彼女の制裁が実にスカッとします。

悪びれる様子も無く、美しくなれるのだからと毒入りの白粉を使う侍女に鉄拳制裁と、意外に攻撃派な猫猫と、覚悟の凄い彼女です。

そんな男らしい猫猫の活躍に加え、梨花妃に夜の秘伝を教えると、いったいなにを教えたのかと気になる内容に加え、園遊会のひと騒動と、後宮での騒動に目が離せない内容となっています。

薬屋のひとりごと 2巻を無料試し読み

薬屋のひとりごと 3巻のあらすじと見どころ

3巻のあらすじ

園遊会で出された食事の毒見を行い、玉葉妃に盛られた毒を言い当てた猫猫。

玉葉妃を狙った間者は何者かと犯人探しに巻き込まれてしまう彼女は、里樹妃の食べるべき食事が玉葉妃と入れ替えられたのだと看破します。

里樹妃は食材アレルギーを患い、それを食べない食材を使われている筈が、何故か玉葉妃と入れ替わっていたと、本来は里樹妃を狙ったであろう服毒事件を壬氏の部下である高順と共に犯人探しの捜査を始めていきます。

上級妃である里樹妃を取り巻く情勢と、彼女を快く思わない侍女たちの軋轢。

後宮の闇が映し出され、孤独なる幼き上級妃の悲しみを知る猫猫は、この真実をどう告げていくのでしょうか?

3巻の見どころ

猫猫が後宮内の服毒事件に挑む事となると、華やかな世界の裏側で起こる里樹妃を取り巻く悪意と、後宮の闇が見どころとなる前半で物語が進んでいきます。

上級妃と帝の寵愛を受ける立場にありながらも、若すぎる歳と訳ありな出自のせいで周囲から疎まれてしまい、しかも侍女からも妬まれてしまっている里樹妃は悲劇のヒロインですね…。

まさか侍女からも妬まれているとはと、でもその妬みのおかげで服毒の被害にあわずに済んだと皮肉な話なのですが、はたして彼女を狙ったのは誰なのかと、今後の物語の展開に大きくかかわっていそうな予感がします。

そんなシリアスな中で、唐突に舞い込んできた千載一遇のチャンスと、猫猫の帰還。

花街の高級妓楼と李白を利用する猫猫の企みや、また勘違いしてしまう周囲など、今後の猫猫を取り巻く環境の変化にも注目出来る内容が見どころです。

薬屋のひとりごと 3巻を無料試し読み

薬屋のひとりごと 4巻のあらすじと見どころ

4巻のあらすじ

猫猫の里帰りが終わり、花街でのひと騒動の疲れを置く間もなく、園遊会の事件がらみの下女が、堀にて身を投げて自殺したと後宮を騒がせます。

死んだ下女は柘榴宮の上級妃である阿多妃のお付きの者。

里樹妃を暗殺する為に毒を盛り、そして最後は自殺したと、そんな噂話が後宮中に流れてしまいます。

歳を重ねた上級妃を取り巻く忠義の暴走劇と、贖罪の為に動く侍女の想いと、拭えぬ悲しみに猫猫は、真実を知る事が出来るのでしょうか?

4巻の見どころ

後宮で謎の水死体と、投身自殺した下女の死を調べていくと、サスペンス形式となる今回は、後宮の闇がありありと演出に組みこまれ、少し寂しく切ない雰囲気を醸し出す、シリアスな展開となっています。

壬氏と同じ容姿を持つ阿多妃。

皇帝の幼馴染と妙齢になるも衰える事のない凛々しさを持つ彼女の下女が仕組んだ事かと、中性の美しさを持つゆえに、集めてしまう信奉が暴走したのかと思いきや、裏側では悲壮感に満ちた物語が語られると、後宮の女性たちの切ない物語が心を打ちます。

そしてそれが猫猫の父親に関わる事だと、奇妙な運命が交差している部分もあり、今後の展開に関わってきそうな伏線が感じられる内容が見どころとなります。

上級妃と、一件すれば恵まれた世界に見えてしまう後宮内ですが、女の意地と権威が入り混じる戦場でもあり、それぞれに想う人々の感情が入り混じる世界なのだと、華やかな美しさに隠れた悲壮感が見事に演出された内容は素晴らしかったです。

薬屋のひとりごと 4巻を無料試し読み

薬屋のひとりごと 5巻のあらすじと見どころ

5巻のあらすじ

後宮の侍女を辞める事になってしまい、花街へと戻った猫猫。

しかし彼女を手放したくない壬氏の取り計らいにより、彼の直属の部下となってしまいます。

でも、そんな立ち位置にいれば、当然に買ってしまうのが、壬氏を慕う官女達。

産まれも教育も高貴なる彼女達から見れば、どこの馬の骨とも知れない猫猫が、憧れの壬氏の下で働けることが気に喰わないのは当たり前と、猫猫に詰め寄る始末。

しかし妓楼での女の嫉妬ややっかみに慣れていた猫猫は、腕の実験跡もとい腕の傷を見せ、虐待を受けていた自分を助けてくれた恩人だとうそぶき、事なきを得るも、奇妙な官女は、凛々しく男の雰囲気を見せ、猫猫を静かに警戒していました。

そんなやっかみの激しい壬氏の手駒として働く事になった猫猫の一日は、慌ただしく過ぎていきます。

5巻の見どころ

壬氏に雇われてしまい、再び王宮に戻る事になってしまった猫猫。

再び物語が王宮へと始まり、猫猫の壬氏の下女生活となる今回は、新たなキャラクターの存在感に注目が出来ます。

配属早々に猫猫を目の敵にする官女達。

憧れの壬氏の下で働く猫猫が気に喰わないと、お嬢様気質の彼女達に狙われてしまい、それを難なくに交わしてしまう猫猫なのですが、親父に虐待を受けていると、したたかな策を練るのですが、親父さんが可哀想と同情がいなめないです。

そんな中で気が強そうな官女と出逢う事になった猫猫。

他の官女とは違い、壬氏の様な雰囲気を持つ官女の存在は、今後の物語にどう影響するのかと気になりますね。

そして新キャラクターの楼蘭妃と、猫猫の妓楼の秘伝を聞いても動揺しないと、底の知れない上級妃の存在と、彼女もまた猫猫に関わっていくのでしょうか?

新たなキャラクターで装いが変わっていく内容と、新たなる展開に注目したい内容です。

薬屋のひとりごと 5巻を無料試し読み

薬屋のひとりごと 6巻のあらすじと見どころ

6巻のあらすじ

壬氏に呼び出され、化粧に詳しくないかと訊ねられてしまいます。

一体、どういうことなのかと恐る恐ると訊ねてみれば、街に出るには目立ち過ぎる容姿を隠したいのでとの事。

猫猫はついにその容姿で国落としでもするのかと真剣に考えてしまったと、自身の容姿の凄さに気づいていない壬氏に呆れながら、彼の美貌を隠す化粧を施していきます。

そんな彼と連れ合う為に、猫猫も着飾り美しい娘へと化粧を施され、名家のお嬢様と召使の二人で街へと繰り出していきます。

久しぶりの街中に羽を伸ばす猫猫。

しかし不穏な思惑を抱く輩の影は静かに迫っていました・・・

6巻の見どころ

壬氏と猫猫のお出かけな尊い展開が見どころなる今回は、壬氏の美貌が危なすぎると、危険な香りから始まっていきます。

壬氏は確かに絶世の美女と例えられる程に美形なのですが、化粧をしてしまえば、まさか本当に女性になってしまうと、妖しさのある男性と実に恐ろしいです。

猫猫の言う様に本当に傾国出来てしまう程の美形と、恐ろしい人物なのですが、そんな彼を化粧して容姿を変えてしまう猫猫の化粧の技術の高さは、やはり妓楼で学んだものかと考えてしまいます。

今回のお話の流れでは、ついに猫猫の過去が明らかになっていくと、彼女の複雑な出生や生い立ちなど、羅漢と呼ばれる男が関わっているようで、まさか猫猫の父親とはと、壬氏にとっても複雑な展開ですね。

そんな物語の急展開が見どころとなる今回、猫猫を無事に守り切れるのかと壬氏の活躍に注目がいきます。

薬屋のひとりごと 6巻を無料試し読み

【最新刊】薬屋のひとりごと 7巻のあらすじと見どころ

7巻のあらすじ

壬氏の危機を間一髪に救った猫猫。

これだけの大ごとになった事件なのだから、関係者は洗いざらいしょっ引かれてしまうのだろうと、事件の関係者であろう翠苓も逮捕されると思いきや、事件を捜査していた李白から彼女が毒を煽り自殺していたと知ります。

彼女が死んだといまいち納得のいかない猫猫は、翠苓の死体があるであろう柩には、別人が入っていたのです。

そう翠苓は死んではいなかったのです。

猫猫に話した蘇りの薬の話のくだりを思い出し、それを使ったのだと猫猫は笑ってしまいます。

もし生きてまた会えたのなら、その薬の作り方を教えてもらおうと、彼女との再会を期待しますが、壬氏の悩みは尽きないままでした・・・

7巻の見どころ

壬氏を襲った暗殺者の罠を寸前で助ける事に成功した猫猫と、大怪我を負った彼女の覚醒から今回は始まっていきます。

あのツンケンとした官女の女性・翠苓が、まさかのスパイだったと、衝撃の展開もさることながら、壬氏の抱える出自に触れてしまう猫猫と、彼の存在には大きな秘密があるのではと知るも、それを考えてはいけないと立ち廻りを見せる彼女ですが、持ち前の性格からは無視できない雰囲気がありそうです。

今後の物語にも関わってくるのでしょうか?

特に今回の見どころとなるのは、やはり李白と白鈴の関係でしょうか?

まさか高級妓女を身請けしようとするとはと、李白の純粋な想いが暴走し始め、それに責任を感じている猫猫が助け舟を出そうと、なんとも微笑ましいです。

しかも猫猫の育ての親と、白鈴の存在感の大きさに今回の見どころが持っていかれております。

猫猫と羅漢との決着も見どころとなる第7巻。

物語の大きな変化の分岐点とも言える内容で進んでいく部分に見どころがあります!

薬屋のひとりごと 7巻を無料試し読み

※実際の情報とは異なる場合がありますので、詳細は各WEBサイトをご覧ください。

 - 少女コミック

  関連記事

わたしの幸せな結婚
ハマる人続出!『わたしの幸せな結婚』ってどんな作品?1巻、2巻を無料で読む方法もご紹介

ガンガンONLINEで連載中の高坂りと先生の『わたしの幸せな結婚』は顎木あくみ先 …

暁のヨナ
『暁のヨナ』のあらすじと魅力を解説!全巻お得に読む方法も

累計売上880万部を突破した大ヒット少女漫画、『暁のヨナ』。 2014年にはアニ …

ミステリと言う勿れ
『ミステリと言う勿れ』のあらすじと魅力、電子コミック情報

宝島社「この漫画がすごい!2019」オンナ編でランキング2位に選ばれ、漫画関係者 …